07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

経県値

Amazon

ブロとも申請フォーム

レビュー漫画

エンカウント日和

除新の世界Part5 もうヨーヨー練習・購入日記です。たまに猫日記。

チラシの裏

go page top

 

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

流し込みの結果

2009.05.12/Tue/00:46:59

前回、シリコンを流し込んでみた結果ですが・・・簡潔に書くとこうです。


リン:両面溝いっぱいに流し込み
結果→超使い易い引き戻しヨーヨーの完成

シグナス:片面溝いっぱい、もう片面は慣れてきてtezOリング風に
結果→戻りが程よく、前回より使い易い仕様に。


これで学んだことは・・・

シリコンは溝一杯に注いではイケナイ(・A ・)!

ってこと。
レスポンスの引っ掛かりが良すぎるんですよね・・・。
リンなんて、Oリングより出っ張ってるわけでもないのに、普通に引き戻せますからね。
でも、滑りは抜群に良いです。
シグナスは、もう片面をきっちりtezOリング風に仕上げることができれば、確実に化けますね。

さて、しばらく引き戻しで使って遊んでたリンですが・・・この記事を書く前に分解してみると、こんなことになってました。


カスだらけ。

シリコンが削れて、カスがひどいことに。

RIMG108000.jpg
もう片面も。

やはり、シリコンの注ぎすぎで、どんどんストリングに関渉して削れていってしまうんでしょうね。
ベアがオープンシールド状態だったので、すぐにダメになりました。
メンテし直さないと・・・。

RIMG108400.jpg
シグナスも同じ症状に。
tezOリング風にしたとはいえ、やはり削れるものは削れるってことでしょうか。

RIMG108900.jpg
でも、ある程度削れてしまえば、使用に問題はなくなるはず。
シリコン流し込みは、馴染むまでに少々時間がかかりそうです(´・ω・`)

まぁ、なんにせよPXYに流し込む前にいろいろ勉強できてよかったですね。
これで心置きなく PXYにシリコン流し込めるぜ(`・ω・´)
blogram投票ボタン
カテゴリ: ヨーヨー
テーマ: 日記
ジャンル: 日記
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://encount.blog23.fc2.com/tb.php/954-03780333
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。