07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

経県値

Amazon

ブロとも申請フォーム

レビュー漫画

エンカウント日和

除新の世界Part5 もうヨーヨー練習・購入日記です。たまに猫日記。

チラシの裏

go page top

 

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

BLEACH #244 感想

2006.09.25/Mon/01:12:51

破面って、紅茶飲むんですね。

なんか、当たり前のような感じでヨン様が言ってますが、こいつらは魂魄を食べるンやなかったんですか?
まぁ、なんでもいける口なんかもしれませんが・・・。

さてさて、今回も苺が文句たらたらです。
部屋が崩れそうになると、

苺「オマエらがあんなムチャクチャしたからだろーが!!」

とキレてます。
ついさっき、地下の通路で馬鹿でかい斬魄刀を振り回そうとしてたのは、どこの誰でしょうね?
広間に出れたから、こういう緊急事態にも対処ができたんでしょ。
なんか、いちいち突っ込むのも疲れるくらい、苺の発言は毎回すごいですね。
これからも突っ込みますよ。

もう一つ。
石田が虚夜宮を見て

石田「全体像が掴める距離から見られてよかった・・・」

と言ったことに対して、

苺「見たらなんか変わんのか?」

はぁ・・・バカ丸出しです。
こういう初めて踏み入れる場所は、些細なことでもわかってるのとわからないのとでは大違いなんですよ。
仮に建物の側に出ていたら、侵入は早くできるかもしれませんが、早く襲われる可能性もあるんです。
どっちにもメリットとデメリットがありますが、僕が言いたいのは、

もっと情報を活かそう。

ってことです。
苺のように、そこにせっかくの情報(ここでは、虚夜宮は非常にデカイことがわかり、建物の全体像もつかめたこと。)があるのに、それに気づかない。
気づこうともしない。
考えもしない。
それが気に触るんです。

たしかに、わかったことはたいした情報ではありません。
しかし、それに気づくのと気づかないのとでは大違いです。

・・・まぁ、ジャンプの主人公に言っても、無駄なことかもしれませんけどね・・・。
blogram投票ボタン
カテゴリ: 漫画
テーマ: 日記
ジャンル: アニメ・コミック
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://encount.blog23.fc2.com/tb.php/243-dbd4da61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。