09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

経県値

Amazon

ブロとも申請フォーム

レビュー漫画

エンカウント日和

除新の世界Part5 もうヨーヨー練習・購入日記です。たまに猫日記。

チラシの裏

go page top

 

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blogram投票ボタン
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

缶蹴り

2006.05.06/Sat/11:26:29

今日は後輩達と、かくれんぼをするために大学に行ってきました。
いや、ちゃんと講座も受けましたよ。
そのへんはご心配なく。

で、時間になるまでBOXで待ってたら・・・いつのまにかかくれんぼが、缶蹴りに変わってました。

缶蹴りも得意なので、僕としては大歓迎です。
そして、新入生も交えての缶蹴りが始まりました。

缶は、泉の広場の舞台の中心に置き、エリアはそこから見える範囲に限定。
建物は、B棟とC棟を使い、そのほかは各自空気を読んでそこまで遠くまで行かない程度に。
制限時間は、1ゲーム30分。
正確な人数は覚えていませんが、鬼が3~5人で、その他の10数名が逃げると言う状態。

まず、第一ゲーム。
教室渡り開けたドアでガードを多用しつつ、やく20分間逃げ回る。
そして、みんなが捕まったところを見計らって・・・一気に勝負をかける。
まず、見つかったときに一対一で走り負けないであろう鬼にわざと見つかる。
見つかり方も重要。
こっちの方が缶に近いのが理想だが、鬼もそう簡単に遠くまで出歩くことはないので、少なくともお互いの缶との距離が同じ場所で見つかる必要がある。
そう考えた僕は、ドアガード戦法を使い、わざと物音を立てる。
そして、確認しに鬼が近づいてきたところを見計らって・・・勢いよく飛び出す!
この時点で、スタートダッシュで鬼を置き去りに。
あとは缶を蹴り飛ばすだけとなる。

まぁ、こんな感じで最初は見せ場を作ることが出来たんですが・・・第二ゲームからだんだん欲が出てきて、たびたび缶に近づきすぎてしまい、簡単に捕まるように・・・。
そして、ちゃんと準備体操をしたにもかかわらず、足がパンパンに・・・。
体力の衰えを感じました。




その後、途中で抜けて散髪に行ってきました。
さすがにもう走れなかったので、後輩の原ちゃを借りて。
で、さっぱりしたのはいいんですが・・・なにかおかしい。

いつもの仕上がりじゃねぇ。

なんか、前髪がまっすぐになってる。
そして、耳元の髪の毛が、これまたきれいに揃った状態に・・・。

一言で言えば、坊ちゃん刈りです。

もう二度とあの店にはいかねぇ・・・。

でも、また切り直しに行くのも面倒なので、しばらくこのままで過ごします。
前髪も、横に流すなりすれば問題ないし。

ここはポジティブに考えましょう。
見方によっちゃあ、

平賀=キートン=太一に見えなくもない。

MASTERキートン (1)
小学館
発売日:1988-11
ランキング:351,247
おすすめ度:5
おすすめ度5 漫画かそうでないかを抜きに楽しめます
おすすめ度5 素晴らしい
おすすめ度5 哲学
おすすめ度5 Keaton万歳!
おすすめ度5 すごいです・・

blogram投票ボタン
カテゴリ: 日常
テーマ: 日記
ジャンル: 日記
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://encount.blog23.fc2.com/tb.php/159-9e014280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。